糖尿病は誰でも可能性のある身近な病気

糖尿病とは、一部の中高年がかかる病気であって、自分には関係のない病気だと考えている人もいるかもしれません。
しかし、平成25年度に厚生労働省が発表をした「国民健康・栄養調査」によると、日本国内に住む成人の中で糖尿病が疑われる人の割合は、女性で9.2%、男性で16.2%という結果が出ており、この数字は男性の場合、6人に1人が糖尿病であることを示しています。
また、50歳を過ぎたあたりから急激に割合が増えることがわかっていますが、その一方で、近年では20代、30代の若い年代にも糖尿病にかかる人達が増えてきているのです。

この結果から言えることは、糖尿病は誰もがかかる可能性のある国民病だということ。
現に厚生労働省は、糖尿病を生活習慣病の1つにあげています。
糖尿病にはいくつかの種類がありますが、多くが日々の生活習慣の積み重ねによって引き起こされているのです。

では、糖尿病とは具体的にどのような病気なのでしょうか?
糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度が高い状態が続く病気です。
ブドウ糖は人間が生きていくために欠かすことのできないエネルギー源ですが、血液中のブドウ糖濃度が高い高血糖状態が続くと頻尿や喉の渇き、体重の減少や疲労感などの症状が現れて、そのまま放っておくとさまざまな合併症を引き起こします。
実は、糖尿病で最も注目をしなければならないのが合併症で、肝臓障害を引き起こして人工透析が必要となるケースや、視力低下や白内障などの視力障害がおこって最終的に失明をするケースなどがあります。

通常、血液中の血糖値はインスリンというホルモンによって一定に保たれています。
インスリンは、血糖値を下げることで知られていますが、インスリンの本来の仕事は血液中のブドウ糖を細胞に送り込みエネルギーに変えたり脂肪やグリコーゲンに変換をしてエネルギーを蓄えたりすることです。
しかし、何らかの要因によって体内のインスリンの分泌が悪くなると、全身のエネルギーが不足をして血液中の血糖値が上がり、全身にさまざまな不調を感じるようになるのです。